loading

Works

“Kintsugi”と”つぐうるし”

21秋冬コレクションのモチーフである「金継ぎ」に因み、金継ぎのタペストリー制作と、つぐうるしワークショップを行いました。
trippenの製品の製造過程で生じた端革を、金継ぎの技術を用いてつなぎ合わせ、一枚の大きなタペストリーを制作して、直営店にて展示。
シーズンの世界観を表すと共に、日本の伝統工芸である金継ぎに触れられる場づくりを行いました。

ワークショップでは、金継ぎの主な材料である漆とtrippenの端革を用いて、ブローチやピアス、マグネットなどの小物制作を行いました。
金継ぎが、漆を用いて壊れた物のキズをいかすように修復し、新たな価値をつくりだす技法であることから、今回のワークショップでは、漆を用いるとともに、残り革から新しい物を作り出すことや、ものづくりの喜びを感じられる内容としました。