loading

Sustainable skills

サステナビリティの取り組みの一環として、製品情報を視覚的に表現するため独自のアイコンをご用意しています。

Undyed

Undyed
鞣しの後に染色を行わない場合、革の製造における水の消費量は大幅に少なくなります。植物鞣しの革であるwaw・lxp・wax・satでは、新しい未染色の色”OFF”は明るいベージュブラウンの色味になります。日光と酸素にさらされると、時間の経過とともに色合いが濃くなります。
トリッペンで使用されるメタルフリーの革は、クロムを使用せずに合成的に鞣されており、未染色の場合、ベースの色味は乳白色です。これらには、 alb・elk・waw・bat・wax・vstの白色が含まれます。
要約:未染色の革

Vegetable tanned

Vegetable tanned
植物による鞣しは古来の技術です。主な作用剤はタンニンで、オークの樹皮やルバーブの根など自然に含まれています。 19世紀半ばより鞣しの工程におけるクロムの使用は靴業界で広く普及してきました。しかし、鞄に使用される革はより柔らかく荷重の少ないものであるため、植物鞣しが続けられています。 90年代の環境運動に伴い、靴作りのために植物鞣しが再開発されました。こういったトスカーナの伝統的な皮鞣し工場が、トリッペンで用いられる革を提供しています。植物鞣しの革は、特に美しく経年変化し、時間の経過とともに色がわずかに茶色に変化します。
要約:植物ベースのプロセスで鞣された革

The leather working group

The leather working group
皮革産業におけるブランド、生産者、小売業者、NGOの国際的な協会であり、皮革生産が環境に与える影響を監視し、軽減することを目的としています。 各製品の環境コストは、原材料、製造、使用、およびその後の廃棄というライフサイクル全体の詳細な分析を通じて見積もられます。 これをLCA と呼びます。 トリッペンのレザーのほとんどは、LWG に属するイタリアの鞣し工場から調達され、環境基準の最適化に取り組んでいます。
要約:LWGに属する鞣し工場から供給された革

Metal Free

Metal Free
クロム鞣しは、化学産業によって 20世紀に普及しました。 過去数十年の間に鞣しのプロセスはよりクリーンで安全になりましたが、有毒なクロム III が過失または廃棄物処理によって環境に放出される危険性は依然として残っています。
そのため、植物タンニン鞣しの革とともに、非常に明るい色の場合には、褐色にならないホルムアルデヒドで鞣された革を使用しています。
要約:鞣しの工程で金属を使用していない革

Adhesive free

Adhesive free
私たちはほとんど水性の溶剤と接着剤を使用しています。一部の製造プロセスでは、耐久性の基準を満たすために化学接着剤の使用が依然として必要です。
要約:無溶剤の接着剤を使用して製造されている靴

Plastic component free

Plastic component free
私たちがプラスチックフリーと呼ぶ靴とは、プラスチックの複合的な付属部品を使用していない靴です。 これらは通常、形状と構造のために使用されます。 革新的な設計と製造の技術により、これらの余分なプラスチック成分を無くすことに成功しました。
要約:余分なプラスチック部品が含まれていない靴

Re Treads

Re Treads
trippenの靴が非常に長持ちであることは、縫い付けられた耐久性の高いゴム底に起因しています。ソールは繰り返し取り外して新しくすることができ、可能な限り接着剤フリーの靴に近づけることができます。私たちの多様なデザインは、一部のモデルでは他のものよりも簡単にソール交換ができますが、ソール交換は概して可能です。 古いゴム底はリサイクルのために収集されています。
要約:靴底が交換可能である

Recycling

Recycling
修理工場から集められた古いゴム製の靴底は、粒状に加工され、スポーツのピッチや通路に使用されます。中底を裁断した後の端革は回収され、メーカーに返送した後、新しい素材にリサイクルされます。
要約:古くなったゴム底と、中底を裁断した後の端革はリサイクルされる

Natural rubber

Natural (Indian) rubber
天然ゴムは、合成ゴムに対するもう一つのサスティナブルな代替品です。 天然ゴムは加硫されていないため生分解性があります。 天然ゴムは主に東南アジア、中南米で栽培されているゴムの木(Hevea brasiliensis)から採取され、コンドーム、接着剤から車のタイヤまで多くの用途があります。 石油化学源に由来する合成ゴムではありません。
要約:生分解性の天然ゴムで作られたソール

Native timber

Native timber
木製の靴底はゴムのサスティナブルな代替品です。 適した木材を選ぶことで、さまざまなデザインに適合させることができます。 ハンノキは丈夫で実用的なため、私たちが好んで選ぶ木材です。 木材は無塗装で、履き心地が良く、足にとって健康的です。
要約:ヨーロッパ原産の木材から作られたソール

Vegan

Vegan
ビーガンシューズには多くの異なる解釈があります。 私たちにとってそれは、動物由来の素材を用いず、また動物実験を行っていない製品であることを意味します。
要約:私たちの解釈でビーガンと見なしている靴